シャチハタのインクは朱肉ではない

ビル

古文書などには、昔の紙に、昔の筆記用具で書かれた文字が書かれています。
時代によって異なりますが、数百年前の文字がきれいに残されている場合もあります。
紙は自然のものなのでそれなりに劣化しますが、それが長く保存されるのはすごいことでしょう。
これらの古文書の中には印が押されていることもあります。
この印もきれいに残っています。
印には朱肉が使われていて、昔から使われていました。
保存が効き、劣化しにくい素材のようです。
では、シャチハタでも朱肉が使われているかです。
使われているのが当たり前のように感じますが、実は朱肉ではありません。
専用のインクが使われています。
朱肉だと、きれいに浸透させるのが難しいようです。
きれいに押せるよう開発されたインクです。
シャチハタのインクは、押したときにはきれいに押せ、それなりにはその状態を維持できます。
ただ、朱肉に比べると劣化が早いとされています。
紫外線などには弱いため、色が消えてしまう場合があります。

好きな作品が見放題

復縁屋

新車リース法人会社

高機能防犯フィルム

大阪・神戸・芦屋・西宮の家事代行で生活改善

ビル

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

シャチハタが活躍する色々な場面

シャチハタは、持ち歩いていると様々な場面で便利です。
重要な書類には印鑑でないといけませんが、

葉っぱ

シャチハタのメリットデメリット

シャチハタ最大のメリットは朱肉が無くてもハンコが押せる所です。
例えば急な荷物受け取りの時の様

ほほえむ女性

シャチハタは一生使うことが可能か

ものによっては、一度購入すればそれを一生使えることもあるでしょう。
実印で使うような印は、基本

髪を掻き上げる女性

シャチハタの特徴とウィークポイント

シャチハタは、文房具店で扱っている、 自分自身の名前が入っているネームスタンプを言います。