シャチハタのメリットデメリット

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

シャチハタ

ビル

シャチハタのメリットデメリット

シャチハタ最大のメリットは朱肉が無くてもハンコが押せる所です。
例えば急な荷物受け取りの時の様な時の認め印に即座に使う事が出来ます。
朱肉が無いのは中にインクがあり印の所からインクがしみ出す仕組みだからです。
だからほいほいハンコを押す事が出来てとっさの時に非常に便利なアイテムです。
それに印鑑の場合落として欠けると言う欠点がありますがシャチハタは素材自体が別物なので耐久性が高く落下するぐらいで欠ける事はまずあり得ません。
またネーム印としてのバリエーションが豊富で業者に頼んでもリーズナブルな傾向です。
ただしデメリットもあります。
印の素材が大概ゴム製であるため変形する恐れから実印にする事が出来ません。
少なくとも契約書等は構造上まず使う事は無理です。
使用するたび劣化していくためインクを交換してもまともに押す事が出来るのは10万回が限度とされます。
また内蔵されているインクも劣化が早いと言う欠点があります。
それゆえ印を残す必要がある書類には使う事が出来ません。

ビル